CurrentFolder関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、フォルダ枠中で現在選択しているフォルダの名前を返します。または、エディタ上で実行した場合には、現在のエディタが開いているメールのフォルダを返します。
返り値(文字列型)
 現在選択しているフォルダの名前です。具体的には、"受信"、"未送信"などの表示されている名前をそのまま返します。
 受信フォルダ、送信済みフォルダ、草稿フォルダ配下に作成したフォルダ(ユーザーが作成したフォルダ)を選択している場合には、そのフォルダのパスを「\」区切りで返します。例えば、「受信\テスト」のように返します。
 フォルダではなくアカウントを選択している場合は""を返します。


注意事項
 アカウント直下にユーザーが作成されたフォルダは、秀丸メール内部では、アカウント直下ではなく、アカウント直下の「User」というフォルダの配下に存在しているような扱いとなっています。マクロ上でもそれがそのまま適用されます。
 例えばアカウント直下に「ABC」というフォルダがある場合、CurrentFolder関数の返す値は「User\ABC」となります。他、フォルダを扱う関数では、すべて「User」が間に入ってくることにご注意ください。


$folder = dllfuncstr( "CurrentFolder" );

戻る