Copy関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在選択しているメール(複数の場合は複数)を他のフォルダにコピーします。コピー先に現在のフォルダを指定すると、現在のフォルダに二重にメールを作成します。この関数は、秀丸メール本体ウィンドウ上か、または検索結果の一覧上でのみ実行できます。
パラメータ1
 コピー先のフォルダを含むアカウント名です。現在のアカウントと同じ場合は""を指定することもできます。


パラメータ2
 コピー先のフォルダ名です。


パラメータ3
 パラメータ3に数値の1を指定すると、メールをコピーする時に出てくる各種の警告を出さないように出来ます。例えばアカウントをまたがってコピーする時の警告や、送信済みメールを未送信フォルダにコピーする時の警告メッセージを抑止可能です。ただし、未送信メールを送信済みフォルダ配下にコピーする時の警告を出さなくすることは出来ません。(しいてやるならSetAutoPushTimerを使うことで可能ですが)
 スレッド表示の時に、配下のメールをいっしょにコピーするかどうかについては、このパラメータは影響しません。
 パラメータ3に数値の0を指定するか、またはパラメータ3自体を省略すると、普通のコピーと同じく、状況によって各種の警告が出ます。


返り値(数値型)
 コピーに成功した場合は0以外、失敗した場合には0を返します。コピー先のフォルダが存在しなかった場合は何もエラーメッセージを出さずに失敗します。なお、ファイルの作成に失敗したり、書き込みに失敗したりした場合は、エラーメッセージも出してから0を返します。


補足
 アカウント直下にユーザーが作成されたフォルダは、秀丸メール内部では、アカウント直下ではなく、アカウント直下の「User」というフォルダの配下に存在しているような扱いとなっています。マクロ上でもそれがそのまま適用されます。
 例えばアカウント直下に「ABC」というフォルダがある場合、指定するフォルダ名は「User\ABC」となります。他、フォルダを扱う関数では、すべて「User」が間に入ってくることにご注意ください。

 スレッド表示の時に、配下のメールをいっしょにコピーするかどうかの問い合わせメッセージを出さなくするには、DisableThreadTreeOperation関数を使ってください。


#n = dllfunc( "Copy", "", "受信\\テスト" );

戻る