ClearUpdated関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 この関数は、現在のメールエディタ・ウィンドウ上での編集の操作による「編集マーク」を消去し、新規作成した時の状態に戻します。
 編集マークとは、編集の加わった行に付くマークのことで、この関数を使ったり保存したりすると消える物です。
 編集マークの無くなったメールは、そのままEscキーでキャンセルすると、「保存しますか?」のメッセージを出すことなく消滅します。
 例えば、新規メールで作成したメールに自動登録したマクロで何か修正を加える場合、修正後にこの関数を呼んでおくと便利です。
返り値(数値型)
 返り値に意味はありません。


#n = dllfunc( "ClearUpdated" );

戻る