CallByEmailList関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 CallByEmailList関数は、コンマで区切られたメールアドレス文字列の中から、1つ1つのメールアドレスを取り出して、その1つ1つについて指定された関数を呼び出し、それの結果を再びコンマ区切りの形にして返します。
 この関数を使うと、CountEmailList/GetEmailList関数でループさせていた処理が一発で実行できます。
パラメータ1
 呼び出したい関数名です。


パラメータ2
 メールアドレスを含む文字列です。


パラメータ3以降
 パラメータ1で指定する関数に追加で渡したいパラメータがある場合は、それをパラメータ3以降で指定してください。(最高8個まで指定できます)


返り値(文字列型)
 パラメータ1で指定された関数を呼び出した結果(複数の結果)をコンマ区切りにして返します。


$s = dllfuncstr("CallByEmailList", "FindBook2", "abc <abc@abc>, xyz <xyz@xyz>");

戻る