AlterSave関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 AlterSave関数は、現在編集中のメール(受信系メールまたは送信済みメール)を改変保存します。

 送信済みメールを保存すると勝手に草稿フォルダに保存されてしまいますが、そうではなくて、送信済みメールを改変保存したい時に使います。

 この関数はメールを編集しているエディタ上でしか実行できません。
パラメータ
 ありません。


返り値(数値型)
 保存に成功したら0以外、失敗したら0を返します。


#n = dllfunc("AlterSave");

戻る