AddAttach, UndoAttach関数(TKInfo.dll)(Ver6.50対応版)
 AddAttach関数は、パラメータで指定されたファイルを添付ファイルとして追加します。UndoAttach関数は、逆に添付ファイルを取り消します。

 これらの関数は、送信用のメールのエディタ中でのみ実行可能です。それ以外で実行すると失敗します。
 受信したメールで添付ファイルを削除するには、DeleteAttach関数を使ってください。
パラメータ1(文字列型)
 添付ファイルのファイル名を指定します。AddAttachの場合は任意のファイル名が指定でき、指定されたファイルは秀丸メール用の添付ファイル用フォルダにコピーされます。
 UndoAttachの場合は、ここには取り消したいファイル名を、「X-Attach:」ヘッダに書いてあるのとまったく同じ文字列で指定する必要があります。CurrentHeader関数などで「X-Attach:」ヘッダの内容を取り出して渡すようにしてください。


返り値(数値型)
 成功した場合は1、失敗した場合は0を返します。


#n = dllfunc("AddAttach", "c:\\temp.txt");
$s = dllfuncstr("CurrentHeader", "X-Attach");
#n = dllfunc("UndoAttach", $s );

戻る