迷惑ワードのオンラインアップデートについて(Ver3.21対応版)
 迷惑ワードを1人1人のユーザー様が考えて登録していくのか大変です。そこで、秀丸メール作者が毎日登録している迷惑ワードをオンライン配信するシステムを用意しました。

秀丸メール Version 6.10からの新方式:
 秀丸メールのVersion 6.10から、サイトー企画のWebサーバーから最新の迷惑ワードを取得する、まったく新しい方式に変更しました。従来の電子メールで配信を受ける方式は無くなりますので、よろしくお願いします。

●オンラインアップデートの仕組み
 迷惑ワードのオンラインアップデートは、サイトー企画のWebサーバーに接続して最新の迷惑ワードを取得する仕組みになっています。Webブラウザと同じ「http」を使って迷惑ワードを取得し、それを自前の迷惑ワード用ファイルに追加登録します。

 迷惑ワードのオンラインアップデートは、秀丸スパムフィルターの詳細設定ダイアログボックスから「その他の設定」を押した先の「今すぐアップデート...」ボタンを押せば、その場ですぐに実行できます。
 オンラインアップデートを定期的に自動で実行させたい場合は、設定ダイアログボックスのの中にある「迷惑ワードの自動アップデートする」のオプションをONにしておいてください。そうすると、数日に1回程度のタイミングで自動的に迷惑ワードが更新されます。

 迷惑ワードのオンラインアップデートは、秀丸スパムフィルターがサイトー企画のWebサーバーにアクセスして実行します。失敗したら、次の日に再試行する形になります。

 サーバーから返す迷惑ワードのデータは、独自の方式で擬似的な電子署名がされており、それによってデータの整合性をチェックするようになっています。もしもデータが改ざんされたりサーバーがハッキングされたりした場合でも、独自方式の電子署名が解読されない限りは秀丸スパムフィルターをごまかすことは出来ません。その程度の安全対策だけしています。



エラーが起きる場合
 迷惑ワードのオンラインアップデートがうまくいかない場合、例えば表示されるエラーコードが12029の場合なら、「wininet 12029」で検索すると、そのエラーの詳細が分かる可能性が高いです。

 パソコンにインストールされてるセキュリティソフトによっては、うちのmaruo.dyndns.orgへのアクセスが拒否される場合があるようです。その場合はセキュリティソフトの設定を変更してアクセスを許可するか、またはそれが出来ない場合は、「その他の設定」の中に「代替サーバーを使う」のオプションが出てくるはずなので、それをONにするとうまくいく可能性があります。

参照:その他の設定


プロキシサーバー利用時の制限
 プロキシサーバーを経由しないとWebブラウズ出来ない環境で、しかも、プロキシサーバーに接続するのに毎回アカウント/パスワードを入力しないといけないような環境だと、迷惑ワードのオンラインアップデートはうまく動作しません。そのような環境の場合、プロキシの認証を自動でやってくれるバイパス用のフリーソフト類を使えば一応うまくいく可能性が高いと思います。たとえば「プロキシ 認証 自動」でネット検索すると、それ用のツール類が見つかると思います。



戻る