各種ファイルの説明(Ver3.21対応版)
 秀丸メール標準・迷惑メールフィルターでは、以下のファイルを作成します。作成場所は、秀丸メールのデータ用フォルダです。
tkf_SafeSender.txt 信頼できる差出人のリスト
tkf_SafeSenderExclude.txt 信頼できる差出人の例外指定のリスト
tkf_SafeWord.txt 信頼ワードのリスト
tkf_SpamWord.txt 迷惑ワードのうちの、ピリオドを含まない物
tkf_SpamDomain.txt 迷惑ワードのうち、ピリオドを含む物
tkf_SpamJudgedSender.txt 一度でも迷惑メール扱いされたメールの差出人リスト → 秀丸メールV4.70から廃止となりました。
tkf_URL_Spam.txt URLチェッカーをONにした場合の、迷惑メール判定されたURLの一覧
tkf_URL_Unclear.txt URLチェッカーをONにした場合の、迷惑じゃないメール判定されたURLの一覧
tkf_URL_InvalidHost.txt URLチェッカーをONにした場合の、ホストへの接続に失敗した関係のURLの一覧
tkf_IPList.txt メールの発信元IPアドレスと、そこから発信されたメールが迷惑判定されたかどうかの一覧。
 これらのファイルは普通のテキストファイルになっていて、さらに言うならタブ文字区切りのファイルになってまして、テキストエディタや表計算ソフトで開いて編集することが出来ます。ただし、保存する時にタブ文字を空白に変換するとダメです。
 これらのファイルは、秀丸メールが動作している最中であっても、送受信系の動作や「全般的な設定」を実行中でない場合に限り、ユーザー様が書き換えることが出来ます。ユーザー様が書き換えて保存してから、秀丸メール上で振り分け系の動作を実行すると、 書き換えて保存した内容が反映された形で振り分け(と同時に迷惑メールフィルターの処理も)が実行されます。

 tkf_SafeSender.txtは、「@」が「\」に変換された形で保存されてます。ただし、ユーザー様が編集する時は、「@」をそのまま「@」として書いてもかまいません。

 上記ファイルは、迷惑メールフィルターが内容を書き換える時に、「.bak」形式のバックアップが自動的に作成されます。

戻る