起動時のオプション(Ver1.23対応版)
単体のファイラー(HmFilerClassic.exe)の起動時のオプション(コマンドラインのオプション)です。

一般オプション
/n    フォルダツリーなし
/e    フォルダツリーあり
/root    ツリーの親を指定
/select,path    一覧から指定したものをあらかじめ選択
例:/select,C:\ShowFolder\SelectFilename.txt
  /select,C:\ShowFolder\SelectSubFolder
/i    設定に関わらず新しいウィンドウとして起動する
/t    設定に関わらず新しいタブとして起動する
/focus,n    初期フォーカス指定
nが1の場合ファイル一覧
/findfolder    検索サイドバーを表示する
/bookmark    ブックマークサイドバーを表示する
/history    履歴サイドバーを表示する
/(x,y,cx,cy)    起動時の位置とサイズを指定する
/debug    オプションダイアログの上級者向け設定に「デバッグ」の設定を表示させる
/elevate    管理者として実行する
::{guid}    既知のguidで定義されているフォルダ
例:「コンピュータ」は::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}
path    パス
例:C:\Folder
/restore    設定内容が保存されたファイルを指定して復元する
例:/restore C:\Folder\xxx.hfcreg

プログラマ向けオプション
/idlist,:mem:pid     ITEMIDLISTのメモリ受け渡し(XP専用)
:*hex    ITEMIDLISTのバイナリ値を16進数表記


戻る