アウトライン系コマンド(Ver8.71対応版)
目次− アウトライン系コマンド
折りたたみ
 本文の特定の範囲を一時的に見えないようにします。
 範囲は、ファイルタイプ別の設定に基づく条件に従います。
 カーソル行が折りたたみ可能な先頭行の場合、折りたたみします。
 カーソル行が既に折りたたみされている場合、カーソル行を含む折りたたみ可能な行にジャンプします。(擬似的な親となる行。実際は親子関係ではない。)

展開
 カーソル行が折りたたみされているとき、折りたたみを解除して、再び見えるようにします。
 カーソル行が折りたたみされていないとき、折りたたみ可能な範囲にある、さらに折りたたみ可能な行にジャンプします。(擬似的な子となる行。実際は親子関係ではない。)

次の折りたたみ可能行
 次の折りたたみ可能な行にジャンプします。
 折りたたみされている行にもジャンプします。

前の折りたたみ可能行
 前の折りたたみ可能な行にジャンプします。
 折りたたみされている行にもジャンプします。

折りたたみ可能行の範囲選択
 カーソル行を含む折りたたみ可能な範囲を範囲選択します。

折りたたみ可能行の部分編集
 カーソル行を含む折りたたみ可能な範囲を範囲選択して、さらに部分編集します。

全て折りたたみ
 実行すると、条件を指定するダイアログが出てきます。
 指定した条件に基づいて、ファイルの内容全てを一時的に折りたたみします。

全て展開
 折りたたみされている行を全て展開します。

部分編集
 範囲選択されていない場合は、アウトライン解析に基づいて、見出しの範囲で部分編集モードになります。(通常の部分編集モード)
 範囲選択されている場合は、範囲選択を行単位にした範囲で、部分編集モードになります。(範囲選択による部分編集モード)
 通常の部分編集中に、範囲選択による部分編集モードにできます。

部分編集解除
 部分編集モードを解除します。
 通常の部分編集中に、範囲選択による部分編集モードになっている場合、通常の部分編集モードに戻ります。

次の見出し/前の見出し
 次(前)のアウトライン解析で解析された見出しにジャンプします。
 アウトライン解析がツリー表示の場合、ツリー表示項目のプロパティで、「自動的な選択/部分編集の対象」がONになっている必要があります。

アウトライン解析の枠(旧「強調表示一覧の枠」)
 アウトライン解析の枠の表示/非表示を切り替えます。
 アウトライン解析を、ウィンドウ内の枠にして常に表示します。
 アウトライン解析の枠は、編集していてもリアルタイムに反映されます。
 ダイアログボックスを出す「アウトライン解析...」コマンドもあります。

枠のフォーカス切り替え(旧「アウトライン解析の枠切り替え」)
 アウトライン解析の枠、ファイルマネージャ枠、アウトプット枠などが表示されているとき、フォーカスを順番に切り替えます。

アウトライン解析の枠同期
 アウトライン解析の枠がツリー表示の場合、対応する見出しのツリーが閉じている場合に展開します。

見出しバー
 見出しバーの表示/非表示を切り替えます。

折りたたみ用の余白
折りたたみ用の余白の表示/非表示を切り替えます。

全レベルを展開
アウトライン解析の枠がツリー表示のとき、ツリーを全て展開します。

レベル1まで展開
レベル2まで展開
レベル3まで展開
レベル4まで展開
アウトライン解析の枠がツリー表示のとき、指定したレベルまでを展開して、あとは閉じます。

一覧をコピー
アウトライン解析の枠の内容をコピーします。


戻る