setfiletype文(Ver8.71対応版)
目次− setfiletype文
 setfiletypeは、ファイルタイプ別の設定を識別するための拡張子を設定します。(V8.54以降)
 ファイルタイプ別の設定を識別するための拡張子は、filetypeキーワードで表され、実際のファイル名による拡張子とは別に設定ができます。

 第1パラメータには、拡張子を指定します。
 拡張子は"."から始まっている必要があります。"grep"や"exeresult"などの"."から始まらないファイルタイプは指定できません。

 第2パラメータには、拡張子に対応するファイルタイプ別の設定を読み込んで適用するかどうかを指定します。
 省略するか0を指定すると設定を読み込んで適用します。
 1を指定すると、設定は読込まず現在の設定を維持したまま、filetypeだけが書き換わります。

 例:
 setfiletype ".mytxt", 1;

 参照:
  filetype
  configset


戻る