setconfigstate文(Ver8.71対応版)
目次− setconfigstate文
 setconfigstateはファイルタイプ別の設定の状態を指定します。(V8.54以降)

 以下の値の論理和です。
  一時的な設定かどうか 0x0001(ビット0)

 パラメータに0を指定(ビット0を0)すると一時的な設定ではなくなります。
 パラメータに1を指定(ビット1を1)すると一時的な設定になります。

 実行前に一時的な設定になっていて、0を指定すると、一時的な設定ではなくなりますが、他の秀丸エディタには反映されません。
 「ファイルタイプ別の設定」のダイアログボックスでOKを押すと、他の秀丸エディタにも反映されます。(同じファイルタイプであれば)

 参照:configstate

戻る