writeinistrw文(Ver8.71対応版)
目次− writeinistrw文
 writeinistrw文は、writeinistrのUnicode版です。(V8.56以降)
 使い方はwriteinistrとほぼ同じです。
 セクション・キー・値がUnicodeに対応しています。

 INIファイルが存在せず、新しく作られる場合はUnicode(UTF-16)のファイルとして作成されます。
 自動的に新しいINIファイルが作成されるようにするためには、ファイル名は必ずフルパスで書かれている必要があります。

 INIファイルが非Unicodeとしてあらかじめ存在する場合は、Unicode(UTF-16)に変換はされません。
 writeinistrとほぼ同じ結果になります。

参照:
writeininumw
getinistrw
getininumw

戻る