goto文とラベル(Ver8.71対応版)
目次− goto文とラベル
 マクロの処理は上から下へ順番に実行されますが、任意の場所に移動させる場合にgotoとラベルを使います。

 ラベルは、その名のとおり名札です。飛びたい先にラベルを置いておき、gotoでそのラベルを指定するとそこに飛びます。

 ラベルは、適当な英数字が指定できます。ラベルであることが分かるように後ろにコロンを付けください。コロンの後ろにセミコロンは必要ありません。
Label:
    message "ABC";
    goto Label;

 goto文のラベルが「$」から始まる場合、文字列変数を指定することができます。(V8.54以降)


戻る