disableerrormsg, enableerrormsg文(Ver8.71対応版)
目次− disableerrormsg, enableerrormsg文
 disableerrormsg文は、各種のコマンドの中でエラーが発生してもエラーメッセージを表示しないようにします。
 enableerrormsg文は元に戻します。マクロ起動直後はenableになっています。

 各種のコマンドの中でのエラーとは、例えば以下のような例があります。
  • appendsaveで指定されたファイルが見つからなかった
  • showcliphistで、ユーザが何も取り出さずにダイアログを閉じた
  • その他、「エラー」というタイトルのメッセージボックスが表示される処理すべて
 disableerrormsgを実行しても、エラーが発生した場合にresult==falseになることは変わりありません。
 disableerrormsg文を実行した場合は以後エラーの処理を正しく行うようにしてください。

参照:
 seterrormode関数
 seterrormode文


戻る