getconfig( s1 ) 関数(Ver8.71対応版)
目次関数− getconfig( s1 ) 関数
 ファイルタイプ別の設定の値の取得をします。s1の名前はレジストリ互換です。
 この名前はconfig "x"で指定できる名前と同じものを指定できます。(getconfigのときは 頭についている x は不要です )
 レジストリに保存されていない(一時的な設定) の値も取得できます。
 返す値は基本的に文字列型ですが、文字列としても数値としても扱うことができます。
message getconfig( "Font" );
message getconfig( "Tab" );
message getconfig( "FreeCursor" );

message getconfig( "xFont" );	//失敗します。xは書かなくていいです。

戻る